HAPPYCAMPERのほげらばり

アクセスカウンタ

zoom RSS 南アルプス縦走 千枚岳〜荒川岳〜赤石岳縦走 〜秋の遠足2015 DAY1〜

<<   作成日時 : 2015/10/22 01:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

雪の心配もあるが土曜日休みをいただいて
体育の日を絡めた10月の10〜12日
3〜4年寝かした荒川三山・赤石岳縦走に行ってきました。

この山域はとても魅力的なのですが3〜4年寝かせてたのには訳が
椹島がベースになり駐車場から椹島まで林道を約5時間かけて歩かなければならず
送迎バスに乗るのであれば必ず小屋に泊まらないといけないルールがある
テント泊にこだわってたわけではないのですが
必ず小屋に泊まらなければならないと言われると
ん?って感じで、さらに大阪からはなんせ遠く
6時間以上はかかりそうだったので寝かせることにした。

しかし白峰縦走、DANGAN塩見岳、と続いてる南アルプスシリーズということで
今年は荒川三山・赤石岳に決定!したのだが…天気が思わしくない。
それでは北アルプスの候補地、薬師岳方面はどうかと
これまた微妙な天気・・・ギリギリまで天気図とにらめっこした結果
まだ南アルプスの方がいいだろうということで決行したのでした。

メンバーは30年のベテランNっさん、メキメキチカラをつけてる紅一点Yぴーそしてわしの3人。
KONし氏は息子の運動会のため早くに脱落
一緒に行く予定だっためがねU氏は子供が急病で1日前に行けなくなってしまった。
いつも一緒に登ってただけに残念。
ということで3人でお送りします。

21時ごろ大阪を脱出して駐車場に到着したのが4時過ぎ遠かった。。。
高速降りて下道が2時間これが長い、かれこれ7時間
空を見上げと満天の星空
ほんとに天気が悪くなるんだろうか。。。

始発のバスは8時で到着は9時
山登りスタートは9時過ぎとなりと登り始めるには遅い
盆休みやSWの時には臨時バスが6時台から出てるようだが
事前に電話してみたがこの時期だと混んでないので定時出発
仕方がない。。。とにかく寝よう・・・

1日目の行程はこんな感じ、少し余裕を見て設定

椹島ロッヂ(09:15)・・・滝見橋(09:27)・・・吊橋(09:35)・・・小石下(10:27)・・・清水平[休憩 20分](11:19)・・・蕨段(12:07)・・・見晴岩[休憩 10分](12:19)・・・駒鳥池(13:21)・・・千枚小屋(13:53)

1日目にしては物足りないがこれまた仕方がない。。。
日が落ちるのが早から荒川小屋まで行けそうにないし
無理し進むこともない。

バスが気になり6時前に目が覚め辺りを見回してると
おそらく椹島から来たバスが下の臨時駐車場へ行くのが見えた?
もう、臨時な状態ではないのに、なぜ臨時駐車場へ?
嫌な予感がしたので臨時駐車場へ車を走らせると…
臨時バスが臨戦状態!!
案内のおっちゃんが
「満員になり次第出発しますので準備して下さい。」
急げ〜!!
朝ごはん食べる間も無く支度を整え
走ってバスへ急ぐ・・・間に合った!

わしらが乗って満員になり出発、危ないところだった
時計を見ると7時少し前
やった!!1時間早く到着できる…ということは
裏行程が可能になってきたぞ
荒川三山・赤石岳とさらに聖岳も落とせる!!かも
荒川小屋まで必ず行かなければならず
歩行時間は7〜8時間とキツクなるが
とりあえず目指すことに

8時前に椹島に到着
空はいい天気ですごく雰囲気のある場所
フラフラ散策したいけどそんな時間はない
サッサッと朝メシと支度を整え出発!!

8時過ぎ登山開始!
画像

歩き始めて30分く・・・アクシデント発生!!

あっ!と思った瞬間カメラが
フロントバックから飛び出しコロコロと崖下へ…

幸いメモリーは空にしておいたし、まだ3〜4枚しか撮ってなかった
思い出を共に記録した相棒が・・・相方からもらったカメラだったのに
買い換えようとは思ってたけどこんな感じで買い換えることになるとは。。。
ということで写真はすべてiPhoneで撮影。

画像
30年前のミレーのザックがカッコいい

千枚小屋までは登りのみで急なところもないようだ
天気は次第に曇り空へ、そして足取りは次第に重くなり
山に備えて少し走ってたけど荷物を背負って歩くのは別モンで
寝不足も手伝ってツラくなってきた。。。
やっぱり縦走前に荷物を背負って山練しとかないとダメだ
この調子だと荒川小屋までなんて歩けない
月イチペースで八ヶ岳や立山、鳳凰三山など縦走してきたYピー
鍛えてきたはずなのにペースが上がらない
Nっさんは相変わらず足取りは軽いが睡魔に襲われてる
とはいえそこそこいいペースなのだが
ソロの女性がス〜っと抜いていったかなり速いペース

先頭をYぴーさん、わし、Nっさんで進む
この順番が功を奏していいペースになり
画像
12:36千枚小屋到着
裏行程より20分遅い到着だがスタートが少し遅かったから想定内
しかし、この疲れ方は想定外
画像
あきらめてた富士山が!!
画像
荒川三山もバッチリ

ここまでにするか先に進むかミーティング
明日天気が崩れてくるのは確か
今日中に荒川小屋まで行っとかないと雨の中
歩かないといけなくなるのでここは先へ進もう
ソロの女性も荒川小屋を目指して進んでいった

休憩もそこそこに心機一転出発
わしが先頭になり進む、調子が良くなってきた!!
画像
13:32千枚岳(2880m)到着
いつ天気が悪くなるかわからない空模様
16時までには何とか到着しないといけないので
のんびりもしてられないので標識だけ撮って先へ

画像
千枚岳から丸山に向かうにはこの垂直に近い壁を降りなければいけません
今回の核心部で鎖もないので慎重に!
画像
風が強く吹いてきた〜、後ろには富士山のシルエット

画像
14:14丸山(3032m)到着
画像
振り返ってみると丸山だけに丸い
画像
雪がチラホラ残ってます
画像
14:39悪沢岳(3141m)到着
画像
まだまだ遠い・・・
画像


画像
荒川中岳避難小屋
画像
画像
15:49荒川中岳(3083m)到着
画像
前岳(3063m)ここにも登りたかったけど
時間がなかったんで泣く泣くスルー
画像
みえました!今宵のお宿荒川小屋
あとはダダダ〜と下るだけです
なんで小屋って見えてから遠いんでしょうか?
画像
16:40荒川小屋到着
ほぼ休憩なしで歩き続け日が暮れる前になんとか到着
大昔、立山でスノーボードした時以来2度目の小屋泊まり
テントを張らなくていいというだけで気持ちがラクだ
ストーブが温かく迎えてくれ受付を済ませて今宵の寝床へ
ソロの女性は30分前に到着してくつろいでた

腹減った〜素泊まりなので自炊
画像
まずはこれでしょ〜カンパ〜イ!!
冷凍してきた500ml2缶は解け切れておらず
解け切れてないビールって栓を開けるととめどなく
泡が噴き出てくるんです
グラナイトギアのエアセルの保冷力はやっぱすごいね!
解けてないやろな〜って思ってたらやっぱり
Yぴーさんも350mlを2缶も持ってきてた
同じようにエアセルに入れてきたんで解けてない
画像
散らかし放題
日が暮れてからもポツポツと小屋にやってくる
赤石岳方面から登ってきてるようだが
ソロの女性と思っていたが3人がグループらしく
ペースがバラバラなのでそれぞれバラバラでやってきたそうだ
それぞれにソロの技量があるのかはわからないが
バラバラで登るなら一緒に登る意味がないし
グループなら一緒に登ってこないと万が一の時はどうするんだろう?

どうらやこの荒川小屋の夜ご飯は名物荒川カレーが有名らしく
このカレーが食べたくてソロの女性は頑張って歩いてきたと言っていた
それほどまでにして食べたいカレーとは知らなかった

19時前睡魔に負けてNっさん就寝
わしらは解けたビールを飲み20時前に就寝

明日の予定は聖岳を視野に入れ
朝5時出発予定で3時半起床、この時雨が降っていたら
聖岳はあきらめようということに

あ〜よう歩いたな〜

画像
画像
画像

歩行時間:8時間30分
歩行距離:17.67km

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南アルプス縦走 千枚岳〜荒川岳〜赤石岳縦走 〜秋の遠足2015 DAY1〜 HAPPYCAMPERのほげらばり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる