HAPPYCAMPERのほげらばり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017スノーハイク 綿向山〜竜王岳難路?縦走

<<   作成日時 : 2017/02/01 11:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

大寒波が過ぎ去り
いいタイミングかと思われた1月29日
スノーハイクに行ってきました

週間天気予報では雨だったけど
前日には少しずれこんで午前中は晴れ
午後からは曇りはじめ雨になる予報
今年は霊仙山と決めていたけど
行ってみたいと思っていた綿向山に変更
しかし下見したことがなく少し不安

7時30分に登山口の御幸橋駐車場に到着
すでに駐車場は満車状態で
何とか邪魔にならないスペースに駐車できた
思ってた以上に止まっていてビックリ
メンバーは5人
すぐさま支度をして8時スタート
ピストンするか縦走するかは雪の状態で決めることに

登山口から雪が多い
アイゼンは付けずに出発したけど
すぐにつけないといけない急坂が
画像

5合目までつづら折れのコースをザクザクと登る
画像

ここは山頂まで小屋が2つ東屋が1つあり
天気が崩れたときに心強い

画像
7合目を過ぎたあたりから雪質が変わり
それが足の裏から伝わり
わくわく感もUP

画像
約3時間登りっぱなしで山頂到着
画像

画像
そこに広がっていたのは青空と絶景の鈴鹿山脈
御在所岳もクッキリ
一同声にならない声を上げていた

まだ10時でご飯には早いし
天気もいいし天気が崩れる前に
下山できそうなので竜王岳を目指すことに

画像
その先の待ってたのも絶景
天気いいし思わぬ最高の景色
画像
画像
一人オ〜オ〜唸ってしまった
スン―シューゾーンかと思われたけど
数日前に温かくなったんで湿気が多く
楽しめそうにないので履くことなかったんですが
画像
景色をみてるだけで気持ちがいい!
こんな変わった木があります
画像
では、
画像


画像
綿向山から竜王岳へは難路らしい
画像
わかりにくいですが
分岐からいきなりの急斜面
稜線沿いを進むんですが
小さなアップダウンが続き少し厄介で
さらにそのアップダウンがすべて急坂
細い稜線なんかもあり確かに難路でした

竜王岳でご飯にしようと思っていたんですが
風もないし曇ってくる前にご飯タイムにしようとなり
画像
917峰という小さなピークでご飯タイム
雪を固めてスペースを作り
画像
各自思い思いのご飯タイム
今回は震えて食べることなく
ポカポカと温かい太陽の下
のんびりとした時間を過ごし

改めて竜王岳向け出発
すぐに着くかと思ってたけど
これがなかなか歩けど歩けど着かない
画像
時間的にはかかってないんですが
雪が深く枝が行く道を妨ぎ進まない
画像
少しづつ雲が出始めてきた
予報通りの展開

画像
竜王岳には到着

またここからさらに激急坂の下り
画像
画像
軽アイゼンの2人はグリップ力がやはり弱く
慎重に歩いても滑ってしまう
まだ雪が柔らかいからいいけど
踏み固められてたり凍てたら
軽アイゼンではキビシイ

画像
なんとか滑り転びながら竜王岳登山口に到着
ここからは林道を約20分歩いて御幸橋駐車場へ
途中小雨が降り始め天気予報通り過ぎる天気


画像
たっぷりの雪と最高の天気
予期せぬ絶景と仲間に恵まれた
楽しすぎたスノーハイクでした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017スノーハイク 綿向山〜竜王岳難路?縦走 HAPPYCAMPERのほげらばり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる